まめまめしい新習慣はじめよう
MENU
おいしく続ける、効果がわかるやさしいなたまめ茶ガイド » なたまめ茶の成分とその効果 » 口臭

口臭

なたまめに含まれるカナバニンが歯周病の原因に作用

「刀豆ナタマメ協会」HPキャプチャ引用・参考元:「刀豆ナタマメ協会」HP
http://www.natamame.org/benefit/breath.html

ニオイの原因は、主に体内にあり。口臭の場合、歯周病が主な原因になっていることがほとんど。歯医者さんである、ヒロ・ヤマダ デンタルクリニック院長の山田紘充先生も、「刀豆ナタマメ協会」サイトでそう述べています。多くの歯周病患者を診てきた山田先生は、なたまめ茶を習慣的に飲んでいる人ほど歯周病の治りが早いと実感しているそうです。その理由としては、なたまめ茶に口腔内の細菌バランスを良くする働きがあるから。そもそも、歯周病になりやすい人というのは体質的に悪玉菌が増えやすくあり、それがなたまめ茶を飲むことで歯周病になりにくい体質変化を起こしているのです。その大きな力になっているのが、なたまめに含まれる抗炎症作用・カナバニン。これが、口腔内に溜まった膿を出して口臭の元を絶つとして、歯磨き剤にも使われています。カナバニンが歯肉の炎症に直接作用し、歯周病を改善させていくそうです。たなまめを謳った歯磨き粉が多く販売されていることからも、科学的に実証されていることがわかります。また、なたまめには、腸内環境を整える作用があります。腸内環境が整えば、便秘などの困った症状も改善。便が長く体内にとどまることで、その腐敗臭が皮膚や口から漏れ出ていきます。便秘が改善されることは、そうしたニオイの元も断つことになりますので、なたまめ茶を飲むことで口臭が軽減されるのも納得です。

口臭の症状やその原因は?

症状イメージ

人と接するにあたって、常に気になる口臭。口臭予防はエチケット。ただ、気を付けていても体質や習慣、加齢などで防ぎきれないことも…。何が原因になっているのかを突き止め、その原因を改善しなければいつまでも臭いままです。口臭の原因はさまざまですが、口腔もしくは全身からくるものを病的口臭といいます。口腔においては歯周病やドライマウス、虫歯などがその原因になっていることが多く、全身では慢性肝炎や糖尿病などが疑われるそうです。なぜなら、肝臓はニオイの元を分解する働きを持っているので、ニオイが強いということは、肝臓のその働きがしっかりと機能していないということだからです。糖尿病においては、唾液の分泌が低下するといった特徴があり、これがドライマウスを発症させて口臭を強くするのです。

他にも、消化器官に疾患があると口臭が強くなります。これは至極もっともな話で、食べたものの消化が悪ければ、それが発酵してしまい臭くなります。生ものをそのまま放置していれば臭くなるのと同じです。また、腸で悪玉菌が増えて善玉菌が減れば、腸内に腐敗したガスがたまり、それが血液にのって体中に回ることになり、皮膚や口からニオイとなって排出されてしまいます。

トップページでは、口臭予防にもなると人気のなたまめ茶をピックアップしています。口臭を心配しているのであれば、これらのお茶を比較して、自分にぴったりのなたまめ茶がみつけられるといいですね。

どれがおいしい?なたまめ茶試飲会