まめまめしい新習慣はじめよう
MENU
おいしく続ける、効果がわかるやさしいなたまめ茶ガイド » なたまめ茶の成分とその効果 » 蓄膿症・後鼻漏

蓄膿症・後鼻漏

なたまめに含まれる成分が蓄膿症を改善する!?

なたまめには、上記の蓄膿症に良い改善作用があると言われています。それを実証した人として、番町オーラルサージャリ-&スキャニング院長の歯学博士・伊藤道一郎先生のお話が挙げられます。伊東先生は歯科医として、歯性上顎洞炎による治療からなたまめ茶の可能性に気が付かれたのだそうです。

歯性上顎洞炎は虫歯が原因となるので、それを抜くことで完治を目指す症状。ただ、状態によってはすべての歯を手術で抜く場合もあります。患者さんの中で、この手術をかたくなに拒否していた方がいたのですが、経過観察をしている中で症状が緩和されてきたのです。その患者さんの生活習慣を調べたところ、どうやらなたまめ茶を毎日飲んでいることが症状緩和につながっていたとわかったのでした。

その可能性を元に臨床試験をおこなったところ、12人の患者さんのうち10人が改善したとのこと。この臨床研究は、2002年の第47回日本口腔外科学会において発表されたそうです。

なたまめに含まれる、有効成分コンカナバリンAとカナバニン。この2つの成分が蓄膿症を緩和しているとのこと。だから、蓄膿症に悩む人でなたまめ茶を愛用している人が多いいのですね。

蓄膿症(副鼻腔炎)の症状とその原因とは?

症状イメージ

なたまめ茶を愛用する人で、蓄膿症(副鼻腔炎)に悩まされている人は少なくありません。口コミなどでも、なたまめ茶を飲み始めたきっかけとして紹介されているのがよく見かけられます。蓄膿症とは、鼻をはじめとする体のいたるところに膿が溜まってしまった状態をいい、「膿が蓄積する」ことから蓄膿症と名付けられました。鼻の病気のイメージが強いですが、実は鼻だけじゃないんですね。

なたまめ茶を飲む人には蓄膿症が多いわけですが、特によく見られるのが鼻腔における蓄膿症。正式名称は慢性副鼻腔炎といいますが、鼻の奥にある副鼻腔という部分に膿が溜まることでおこります。その原因としては、風邪がきっかけとなる急性副鼻腔炎、そして虫歯の進行によるもの。

慢性副鼻腔炎になると、鼻水に膿が混ざって出てくるようになるので、その色は黄色っぽく、不快なニオイも…。場合によっては頭痛も併発するようになります。このままの状態が続くと、鼻の粘膜が厚く形成されるようになり、より膿の排出が困難になるといった悪循環に。これを粘膜肥厚と読んでいますが、症状が悪化したことを示すものとなります。

鼻水が喉へと流れ込んでくる後鼻漏

鼻水は鼻から出てくるのが一般的ではありますが、喉と通じる道を伝って出てくることもあります。これは後鼻漏(こうびろう)という症状で、いくらかんでも前方から出ることはなく、絶えず喉に流れ込んでしまうといった症状。

流れ出てきた鼻水は口から出すか飲み込むしかなく、その不快感とストレスは想像以上。痰がからんだり、喉に違和感を与える、詰まったような感じが常にある、睡眠障害、イビキなど…ひどくなると、食事や睡眠にまで害を出すようになるのですから困ったものです。

トップページでは、蓄膿症の悩みを持つ人にも人気のなたまめ茶をピックアップしています。口コミなども参考に、比較して選ぶといいですね。

どれがおいしい?なたまめ茶試飲会