まめまめしい新習慣はじめよう
MENU
おいしく続ける、効果がわかるやさしいなたまめ茶ガイド » なたまめ茶の成分とその効果 » 歯周病

歯周病

ゆっくり進行し、体全体の調子を狂わす歯周病

歯周病の原因は、歯垢(プラーク)に歯周病菌がついてしまうことで起こる感染症。自覚症状がほとんどないまま進行していくのが怖いところで、歯肉に炎症を起こして腫れたり出血がみられたりします。歯の周囲まで炎症が広がってしまうと、最終的には歯槽骨と呼ばれるあごの骨を溶かして、歯が抜けやす状態にしていくのです。

この歯周病は、歯の病気でもポピュラーなもので、日本人の8割ほどがすでに感染していると言われています。しかも、歯周病が他の病気とも関係しており、糖尿病や心臓病、骨粗鬆症、肺炎などが起こりやすいのだそうです。歯周病で歯を失ってしまうと歯のバランスが悪くなり、噛み合わせが悪くなることで肩こりや頭痛、腰痛、さらには認知症の進行も早くなるそうなので、たかが歯の病気と侮っていると大変なことになってしまうのですね。

こんな症状があったら歯周病かも?

もしかしたら自分も歯周病かも…と疑っている場合、次のチェックリストのうち、当てはまる項目がどれくらいあるか確認してみてください。

  • やわらかいものを食べているのに歯茎から血が出る
  • 硬いもの噛みにくいと感じる
  • 歯磨きして寝ても翌朝は口の中が粘つく
  • しっかり歯磨きしているのに口臭が気になる
  • 糖尿病と診断されている
  • 歯肉が赤く腫れ上がることがある
  • 歯が浜長くなった気がする
  • 前歯が出っ歯になってきた
  • 歯肉がかゆい・痛い

該当する項目が多い場合は歯周病である可能性が高いといえるでしょう。

1つの症状しか現れていない場合はそれほど心配する必要はありませんが、放置していると複数の症状に繋がるケースもあります。できるだけ早い段階で気づいて治療が受けられると理想的です。

歯周病菌が全身に回ってしまうと・・・

歯周病は、口の中だけの問題ではありません。歯周病は歯周病菌によって引き起こされるのですが、菌が異常繁殖した場合には歯茎の毛細血管に入り込んでしまうことがあるのです。

毛細血管の中に入ると血流に乗り、全身をめぐります。すると、多臓器不全の大きな原因にもなる敗血症を引き起こすリスクが出てくるのです。敗血症とは、全身が筋肉起こされている状態のことで、死因に繋がってしまうこともあります。

それから、血栓性疾患とも呼ばれる脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなりかねません。血管内にプラークと呼ばれる粥状の脂肪性沈着物ができてしまうと、当然ながら血管の中を通る血流が滞りやすくなり、詰まってしまうことがあります。

歯周病原因菌はこの現象を引き起こす要因の一つとされているのです。

脳梗塞に関しても脳血管が詰まる病気ということもあり、歯周病の方はそうでない方に比べるとリスクが高くなってしまいます。歯周病はセルフチェックや歯科医院で検査を受けることにより気づきやすいものではありますが、歯周病菌が全身に巡ったとしても自分ではわかりません。

歯周病の方はこういったリスクを持っていることも十分に押さえておきましょう。

効果が期待できるなたまめの成分

「刀豆ナタマメ協会」HPキャプチャ引用・参考元:「刀豆ナタマメ協会」HP
http://www.natamame.org/benefit/periodontal.html

この歯周病に、なたまめ茶がいいと言われています。ヒロ・ヤマダ デンタルクリニック院長の山田紘充先生も、「刀豆ナタマメ協会」サイトで述べています。なんと、先生のクリニックでは、歯石や歯垢を除去した後、なた豆エキスで洗浄をすることもできるのだそうです。患者さんからの評判も上々というのですから、歯周病に悩む人は是非とも受けておきたいですね。
なた豆は「膿取り豆」と呼ばれ、民間療法でも使われた歴史があります。歯茎の膿を消すのもその作用の一つ。科学的に分析した結果でも、抗炎症作用をもつカナバニンが歯茎の腫れや出血を緩和することがわかっています。さらに、免疫力を高める働きがあるコンカナバリンAが、善玉菌が有利になるように状態を整えていくと考えられているそうです。

こうしたなた豆に含まれる成分を、お茶だけでなく歯磨き粉などのオーラルケア商品にも活用。なたまめ茶を販売しているところでは一緒に歯磨き粉も販売していることもありますが、医学的に実証されているからなんですね。

なたまめ茶は口臭予防にも効果的?

口の中のトラブルが発生すると心配になってくるのが口臭です。口臭を気にしている方は、なた豆茶で対策を取ってみてはどうでしょうか。

口臭対策として最も重要なのは歯磨きなのですが、歯垢は通常の歯磨きだけでは取り除くのが難しい場所に発生しやすく、歯周ポケットを毎日清潔な状態にするのは大変なことだといえます。

歯周病にならないためにも重要なのは歯周ポケットを清潔な状態にすることなのですが、ここで役立つのがなた豆茶です。

実際に歯科医院でも歯垢のケアのあとになた豆から抽出した洗浄液を用いるところもあり、医療の現場でも活躍しています。

これはなた豆茶に含まれているカナバニンという成分に抗炎症効果や抗菌作用があるからなので、こういった働きを期待してなた豆茶を取り入れてみてはどうでしょうか。

歯周病対策の一環としてなた豆茶を飲む習慣をつけたり、うがいをするのも良いですね。 マウスウォッシュが苦手な方もなた豆茶ならば続けられることが多いので、ぜひ取り入れてみてください。

歯周病には歯医者での治療となまため茶でケアをしよう

歯周病を改善するためには、自宅で丁寧な歯磨きを行い、それだけで足りない分に関しては歯科医院んで治療を受けることが重要になってきます。 また、歯周病の治療が終わったあとも定期的に歯科医院に通い、状態が悪化していないか確認したいですね。

歯磨きに加えてなた豆茶も取り入れるようにすると副作用の心配もなく、口の中をスッキリさせることができます。

お茶にして飲むだけでも歯茎の炎症や出血といったものが抑えられるので、すでに歯周病になってしまった場合も、症状を抑えるための一つの対策として取り入れてみましょう。治療完了後もなた豆茶を飲み続けることにより、再発防止も期待できます。

人気のなたまめ茶おすすめ
3選!
薩摩なた豆爽風茶

主役のなた豆は鹿児島県薩摩地方のミネラル豊富なシラス台地に育った健康優良児。たっぷりと栄養を吸収したなた豆は全長70cmになることも。爽風茶はなた豆のほかに黒豆やハト麦など厳選した7種類の安心の国産原材料を使用し、スーッとした爽やかさと香ばしさがミックスされた美味しくて飲みやすいお茶です。

薩摩刀豆なたまめ茶

なた豆のほかにハト麦・黒豆・桑の葉・赤芽柏(アカメガシワ)などの国産原料をブレンドしています。とくになた豆は農薬や化学肥料に頼らずに育てたものを使用し、安心して飲めると評判です。飲みやすさにこだわった一品です。

主役のなた豆は鹿児島県薩摩地方のミネラル豊富なシラス台地に育った健康優良児。たっぷりと栄養を吸収したなた豆は全長70cmになることも。爽風茶はなた豆のほかに黒豆やハト麦など厳選した7種類の安心の国産原材料を使用し、スーッとした爽やかさと香ばしさがミックスされた美味しくて飲みやすいお茶です。

薩摩なた豆爽風茶
富士の赤なたまめ茶

契約農家と土作りからこだわり、農薬や化学肥料を使わずに育てた赤なた豆を100%使用。焙煎職人が五感を総動員してじっくりと焙煎した赤なた豆茶は、味わいはあっさりと香ばしく後味もさっぱりとした飲みやすさが特徴です。

どれがおいしい?なたまめ茶試飲会