まめまめしい新習慣はじめよう
MENU
おいしく続ける、効果がわかるやさしいなたまめ茶ガイド » なたまめ茶の成分とその効果 » 歯周病

歯周病

ゆっくり進行し、体全体の調子を狂わす歯周病

歯周病の原因は、歯垢(プラーク)に歯周病菌がついてしまうことで起こる感染症。自覚症状がほとんどないまま進行していくのが怖いところで、歯肉に炎症を起こして腫れたり出血がみられたりします。歯の周囲まで炎症が広がってしまうと、最終的には歯槽骨と呼ばれるあごの骨を溶かして、歯が抜けやす状態にしていくのです。

この歯周病は、歯の病気でもポピュラーなもので、日本人の8割ほどがすでに感染していると言われています。しかも、歯周病が他の病気とも関係しており、糖尿病や心臓病、骨粗鬆症、肺炎などが起こりやすいのだそうです。歯周病で歯を失ってしまうと歯のバランスが悪くなり、噛み合わせが悪くなることで肩こりや頭痛、腰痛、さらには認知症の進行も早くなるそうなので、たかが歯の病気と侮っていると大変なことになってしまうのですね。

効果が期待できるなたまめの成分

「刀豆ナタマメ協会」HPキャプチャ引用・参考元:「刀豆ナタマメ協会」HP
http://www.natamame.org/benefit/periodontal.html

この歯周病に、なたまめ茶がいいと言われています。ヒロ・ヤマダ デンタルクリニック院長の山田紘充先生も、「刀豆ナタマメ協会」サイトで述べています。なんと、先生のクリニックでは、歯石や歯垢を除去した後、なた豆エキスで洗浄をすることもできるのだそうです。患者さんからの評判も上々というのですから、歯周病に悩む人は是非とも受けておきたいですね。
なた豆は「膿取り豆」と呼ばれ、民間療法でも使われた歴史があります。歯茎の膿を消すのもその作用の一つ。科学的に分析した結果でも、抗炎症作用をもつカナバニンが歯茎の腫れや出血を緩和することがわかっています。さらに、免疫力を高める働きがあるコンカナバリンAが、善玉菌が有利になるように状態を整えていくと考えられているそうです。

こうしたなた豆に含まれる成分を、お茶だけでなく歯磨き粉などのオーラルケア商品にも活用。なたまめ茶を販売しているところでは一緒に歯磨き粉も販売していることもありますが、医学的に実証されているからなんですね。

どれがおいしい?なたまめ茶試飲会