まめまめしい新習慣はじめよう
MENU
おいしく続ける、効果がわかるやさしいなたまめ茶ガイド » なたまめ茶ことはじめ » なたまめ茶の飲み方

なたまめ茶の飲み方

なたまめ茶の入れ方としては、煮出し・お湯出し・水出しとあります。それぞれに特徴があり、人によっても好みが分かれるところ。どの飲み方が最適なのか、試してみるといいですね。

風味良好な「煮出し」

煮出しは風味や色がしっかりと付き、おいしい飲み口に。5分程度煮立たせるので、成分抽出量でいえば煮出しの方が上になります。ある程度慣れてきたら、好みの濃さに合わせて湯量と時間を決めていきましょう。煮出すことでお湯出しよりも早く多く色が出るので、水の量を多少増やしてもOK。ケトルでたっぷりと作れるので、家族や友人など大人数でシェアできますね。

ただし、他の入れ方と比べて少し手間がかかるのは否めません。沸騰させている間は、火を止めるまで拘束されてしまいますし、光熱費を気にされる方もいるかもしれませんね。

お湯にぽいっと投入!手軽に作れる「お湯出し」

熱湯を注いで数分ほど待てば、しっかりと色と味がついたなたまめ茶ができます。外出先に持っていく場合は、水筒やマグボトルになたまめ茶を入れてお湯を注ぎ、移動中に蒸らせば時短に。忙しい人には一番おすすめしたい方法です。蒸らした後のティーバッグを取り出すか否かは、味の好みで判断して良いでしょう。

唯一のデメリットといえば、ティーバッグ1袋で作れる量が500ml程度と、煮出しには劣ってしまいます。大勢で飲む場合には、湯量に対してなたまめ茶を多めに入れましょう。

楽だけど時間がかかる「水出し」

一番簡単で手軽な水出し。なたまめ茶を冷水で満たし、冷蔵庫で半日かけてゆっくり作るとよりおいしくなります。水は軟水のミネラルウォーターか、浄水器でろ過したものがおすすめです。ひと手間かかりますが、水に入れる前にティーバッグに熱湯をかけて少し蒸らすと、より風味が出やすくなります。

デメリットとしては、時間がかかるのですぐに飲みたいという人には向いていません。味や香りも、煮出すよりも薄くなってしまいます。また、水出しのお茶は比較的長持ちしますが、豆のお茶は葉っぱのお茶と比べると変質が早いようです。持ち歩く際は保冷水筒に氷を入れるなどの工夫を。冷蔵庫に入れたものも2日以内には飲み切ってしまいましょう。

煮出したなたまめ茶には有効成分がたっぷり

3つの方法をご紹介しましたが、一番のおすすめは「煮出し」です。手間はかかりますが、煮出しが最も成分がよく出てくると言われており、なたまめの効能を取り入れるのには最適な方法。寒い日はホットで体を温め、暑い日には冷やして水分補給といったように、一年中楽しめるなたまめ茶。ライフスタイルや好みに合った入れ方を探してみてください。

どれがおいしい?なたまめ茶試飲会