まめまめしい新習慣はじめよう
MENU
おいしく続ける、効果がわかるやさしいなたまめ茶ガイド » 今日からはじめる「まめ茶」入門

今日からはじめる「まめ茶」入門

豆茶は幅広いお茶の世界で分類すると、「穀物茶」の中のひとつです。豆のお茶は、独特の香ばしい味と香りがあり、茶葉とブレンドしたり、お茶としてではなく豆としてそのまま食べられるものもあります。ここでは、これから豆茶を飲んでみたいすべての人に、特徴や手に入りやすい豆茶をご紹介します。

豆茶はココがスゴイ!

なたまめの写真

穀物茶および豆茶は、ノンカフェインのものがほとんど。カフェインのイメージはあまりよくありませんが、決して悪い成分ではありません。ただ、興奮作用や利尿作用、胃酸分泌の促進といった働きがあることからも、摂取量が多いと血管が拡張されてしまったり、頭痛や睡眠不足を引き起こしてしまうことも…。そうしたことからも、幼い年齢の子どもや妊婦さん、授乳中の方はカフェイン摂取を控えるようにいわれています。なたまめ茶のようにノンカフェインのお茶であれば、幼いお子さんでも妊娠・授乳中のママでも安心して飲むことができます。薬とは異なりますから、過剰摂取しなければ副作用の心配もありません。

また、ノンカフェインのお茶は、投薬治療を行っている人や精神疾患にかかっている人も取り入れやすいもの。睡眠の質を向上させて、精神を落ち着ける作用からイライラすることを減らし、胃に優しいので、胃腸を痛めることもありません。カフェインのように血液を拡張させて頭痛を引き起こすこともないと、体にとっては良いことばかりです。日頃から、体がだるい、気分の浮き沈みが激しいなんて方は、カフェイン断ちをしてみてはいかがでしょうか?体調が良くなっていくのを実感できますよ。

おいしい豆茶の種類

なたまめ茶

なたまめの写真引用元:「刀豆ナタマメ協会」HP
http://www.natamame.org/kagoshima/satuma.html

マメ科でもひときわ大きなサイズをしているなたまめを使ったお茶。童話「ジャックと豆の木」のモデルとしても有名です。蓄膿症や慢性鼻炎、歯周病、免疫力の向上、腎臓疾患、むくみの改善といった効能があるとして、古くから民間療法でも使われてきました。近年では科学的な裏付けも取られている健康茶です。
ただ、なたまめ茶には子宮収縮作用がある成分が含まれていますので、妊婦さんは控えたほうがいいですね。

なたまめ茶の成分と効果を見る

黒豆茶

黒豆のイメージ

丹波黒や光黒、雁喰(がんくい)、黒千石と、同じ黒でも栽培地によって形に特徴がある黒豆。豊富な栄養素を持ち、特に黒い皮にはたっぷり。アントシアニンは他の豆にはない成分として注目です。むくみや冷え症、肥満、便秘、疲れ目などの悩みがある人におすすめのお茶です。

黒豆茶の成分と効果を見る

人気のなたまめ茶おすすめ
3選!
薩摩なた豆爽風茶

主役のなた豆は鹿児島県薩摩地方のミネラル豊富なシラス台地に育った健康優良児。たっぷりと栄養を吸収したなた豆は全長70cmになることも。爽風茶はなた豆のほかに黒豆やハト麦など厳選した7種類の安心の国産原材料を使用し、スーッとした爽やかさと香ばしさがミックスされた美味しくて飲みやすいお茶です。

薩摩刀豆なたまめ茶

なた豆のほかにハト麦・黒豆・桑の葉・赤芽柏(アカメガシワ)などの国産原料をブレンドしています。とくになた豆は農薬や化学肥料に頼らずに育てたものを使用し、安心して飲めると評判です。飲みやすさにこだわった一品です。

主役のなた豆は鹿児島県薩摩地方のミネラル豊富なシラス台地に育った健康優良児。たっぷりと栄養を吸収したなた豆は全長70cmになることも。爽風茶はなた豆のほかに黒豆やハト麦など厳選した7種類の安心の国産原材料を使用し、スーッとした爽やかさと香ばしさがミックスされた美味しくて飲みやすいお茶です。

薩摩なた豆爽風茶
富士の赤なたまめ茶

契約農家と土作りからこだわり、農薬や化学肥料を使わずに育てた赤なた豆を100%使用。焙煎職人が五感を総動員してじっくりと焙煎した赤なた豆茶は、味わいはあっさりと香ばしく後味もさっぱりとした飲みやすさが特徴です。

どれがおいしい?なたまめ茶試飲会