まめまめしい新習慣はじめよう
MENU
おいしく続ける、効果がわかるやさしいなたまめ茶ガイド » どれがおいしい?なたまめ茶試飲会

どれがおいしい?なたまめ茶試飲会

なたまめ茶って、どんな味か想像できますか?

試飲会の様子

マメ科つながりで黒豆茶のような味を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、黒豆茶よりもクセは少なく、香り高く、渋みのないまろやかな味わいです。なたまめ茶はメーカー各社から様々な商品が開発されており、原料の産地や配合によって味に違いがあります。そこで、数あるなたまめ茶の中から口コミの多いなたまめ茶を6種類選出。女性10人で実際にテイスティングを行い、「毎日飲める飲みやすさ」を基準に評価をつけてみました。

なたまめ茶を飲んでみた【女性編】

試し飲みした6つのお茶はコレ!

薩摩なた豆 爽風茶

薩摩なた豆 爽風茶

鹿児島県薩摩地方のなた豆全草を焙煎して使用。さらに黒豆と薩摩くず草、鳩麦、赤芽柏、クマ笹、桑の葉とブレンドしています。もちろん安心の残留農薬ゼロ食品。ほんのりと漂う黒豆と鳩麦の良い香りで、爽風茶と言うだけあり、飲んだ後は口の中がさっぱりします。お試しコースで気軽に始められます。

薩摩なた豆 爽風茶について詳しく見る

丹波なた豆茶

丹波なた豆茶

オリジナルの種子を増やし続けて15年…やっとこさ十分な注文に対応できるようになった丹波なた豆茶。それまでは、幻のお茶と呼ばれるほど生産量が少なく、なかなか購入することができませんでした。開発元である農家で煎じて飲まれていたのを、独自の技術で製品化。丹波なた豆の種子と鞘のみを使って作られたお茶です。

丹波なた豆茶について詳しく見る

薩摩刀豆 なたまめ茶

薩摩刀豆 なたまめ茶

火山灰が積もってできたミネラル豊富なシラス台地で育ったなたまめに、鳩麦、黒豆、赤芽柏、桑の葉をブレンド。すべて国産原料です。農薬も化学肥料肥料も使わないで栽培し、鮮やかな紅色のなたまめを焙煎するなど、手間をかけて作られたお茶です。

薩摩刀豆 なたまめ茶について詳しく見る

富士の赤なたまめ茶

富士の赤なたまめ茶

チャック式のパッケージに30包。開けるときな粉に似た香りが漂います。粗めに挽かれたなたまめ茶は、苦みや渋みもない飲みやすい口当たり。お口の中をさっぱりさせます。原料は赤なたまめで、その種子とサヤを使用。焙煎職人が色や香り、食感、味など、五感をフルに使って最高品質のなたまめを厳選しています。

富士の赤なたまめ茶について詳しく見る

薩摩なた豆 元気茶

薩摩なた豆 元気茶

鹿児島県吉田地区で生産された薩摩なた豆全草を使用。温暖な気候と、吉田貝層と呼ばれるミネラル豊富な土壌で育った一級品。他にも、鳩麦や黒豆(大豆)、赤芽柏(アカメガシワ)、桑の葉など、健康食材をブレンドしています。すべて国産原料を選び、ノンカフェイン。黒麦と鳩麦がなたまめのクセを抑えて、子どもでも飲める口当たりにしています。

薩摩なた豆 元気茶について詳しく見る

国産の手作り 赤なた豆茶

国産の手作り 赤なた豆茶

10月~12月に採取された赤なたまめを、豆だけでなくサヤやツルも一緒に入れました。もちろん、添加物や着色料、香料、調味料などは一切不使用第三者機関による定期的な残留農薬検査や生菌検査、放射能検査を実施し、その高い安全性を証明しています。

がばい農園の赤なた豆茶について詳しく見る

人気のなたまめ茶おすすめ
3選!
薩摩なた豆爽風茶

主役のなた豆は鹿児島県薩摩地方のミネラル豊富なシラス台地に育った健康優良児。たっぷりと栄養を吸収したなた豆は全長70cmになることも。爽風茶はなた豆のほかに黒豆やハト麦など厳選した7種類の安心の国産原材料を使用し、スーッとした爽やかさと香ばしさがミックスされた美味しくて飲みやすいお茶です。

薩摩刀豆なたまめ茶

なた豆のほかにハト麦・黒豆・桑の葉・赤芽柏(アカメガシワ)などの国産原料をブレンドしています。とくになた豆は農薬や化学肥料に頼らずに育てたものを使用し、安心して飲めると評判です。飲みやすさにこだわった一品です。

主役のなた豆は鹿児島県薩摩地方のミネラル豊富なシラス台地に育った健康優良児。たっぷりと栄養を吸収したなた豆は全長70cmになることも。爽風茶はなた豆のほかに黒豆やハト麦など厳選した7種類の安心の国産原材料を使用し、スーッとした爽やかさと香ばしさがミックスされた美味しくて飲みやすいお茶です。

薩摩なた豆爽風茶
富士の赤なたまめ茶

契約農家と土作りからこだわり、農薬や化学肥料を使わずに育てた赤なた豆を100%使用。焙煎職人が五感を総動員してじっくりと焙煎した赤なた豆茶は、味わいはあっさりと香ばしく後味もさっぱりとした飲みやすさが特徴です。

どれがおいしい?なたまめ茶試飲会